BLOG

ブログ

こどもたちを夢中にさせるオンライン授業のコツ

学校でのICT教育の取り組みに加え、YouTube等での授業動画配信や、オンライン家庭教師など、インターネットを活用した学びの選択肢が急速に広がっています。

昨今、オンラインの塾や家庭教師では、生徒と講師のマッチングサイトなども増えてきており、生徒は自分に合った講師を見つけ、日本全国どこからでも授業が受けられるようになりました。

しかし、講師にとっては「オンライン授業で求められる授業づくりとは?」
生徒や親御さんにとっては「成績がUPするオンライン授業とはどんな授業か?」など、
オンライン授業に関する疑問や不安もたくさん見受けられます。

そこで今回は、現在オンライン授業を行っている、もしくはこれからやろうと考えている先生に向けて、
「こどもたちを夢中にさせるオンライン授業」のコツについてご紹介します。

また、お子様をオンライン塾に通わせたいと考えている親御さんにも参考となる内容となっております。
ぜひ最後までご覧ください!

目次

1. オンライン講師としての心構え

前述のように、オンライン授業の需要が高まっている一方で、供給側、つまり講師の数も急増しています。
オンライン授業が当たり前になり、生徒が自由に講師や学び方を選べる時代になったからこそ、
講師側は生徒に選んでもらえるように努力することが求められます。

部活や他の習い事などの忙しい中で、家に帰ってきたこどもたちは、お風呂に入ってご飯を食べて、くつろぎたいでしょう。
ゲームやYouTubeなどのエンタメを見たいはずです。
そんな中で、成績を上げたい、苦手を克服したいという高い意識を持って、授業に参加してくれるわけですから、
生徒たちが「授業を受けてよかった」と思わせる授業を行うことが講師の責務です。

講師は「私の授業に生徒が大切な時間を作って受けてくれている。」という感覚を持つことが大切です。

2. 授業に使う資料作成にこだわる

オンライン授業では、どうしても生徒の理解度がくみ取りにくくなります。
そのため、誰が聞いてもわかりやすく、疑問が残らない授業にしなければなりません。

Zoomなどのミーティングアプリを利用したオンライン授業では、例えば「画面共有」の機能を使って、
事前に用意しておいた資料を共有し、生徒と講師はお互いに資料に書き込みができるなど、オンラインならでは授業の進め方ができます。

ここではこどもたちを夢中にさせるための、オンラインの強みを生かした講義資料の作成方法について、
とくに意識すべき3つのポイントをご紹介します。

2-1. 文字の大きさ

生徒が使用する端末に表示される文字サイズを常に意識しましょう。

例えば、Zoomなどのミーティングアプリはスマホからでも参加できるため、
画面共有の際には、PCで作成した文字サイズではスマホで非常に読みにくくなってしまう可能性があります。

必ず、事前に講義資料を生徒が使用する端末のサイズで確認しましょう。

もちろん、ただ文字サイズを大きくするだけでは、
資料に収まりきらなかったり、資料が文字だらけになってしまいます。

重要な部分を、簡単な言葉で文字数を少なくまとめられるかが、
わかりやすい資料作成のカギとなります。

2-2. 効果的なアニメーションの活用

オンライン授業の強みとして、動画やアニメーションなどのコンテンツを瞬時に共有して、教材として活用できます。

アニメーションの活用には主に2つの効果があります。

1つ目は活字や図形のみよりも多くの情報を生徒に提供できること。
距離と速さの問題などでは、解説の際にアニメーションで動かしながら説明した方が、断然わかりやすくなります。

2つ目は板書の時間を短縮し、授業を効率化できること。
講師の板書を待つ時間は、生徒にとって退屈な時間となることが多いです。
さらに板書に誤字などがあった場合、それを修正したりと、授業の本質ではないところで多くの時間を要してしまいます。
事前に用意しておいたワードテキスト(パソコンで打ち込んだ文字)とアニメーションを活用して、
板書時間を短縮し、講義時間を有効に使いましょう。

2-3. 手書きとデジタルのバランス

前項ではアニメーションの活用した板書時間の短縮について説明しましたが、
手書きの板書を交えることで、より生徒の興味を惹きつける講義資料になることがあります。

ワードテキストは、読みやすく、アニメーションにより効率的に授業が進められるメリットがありますが、
全てがワードテキストの講義資料はどこか無機質で、教科書を眺めている感覚になってしまうことがあり、
授業への集中力が低下してしまいます。

そこで、ペンタブなどを活用し、時々手書きの板書を交えることで、どこかぬくもりのある講義資料となります。
特に人との繋がりが薄れがちなオンライン授業では、効果的でしょう。

普段はアニメーションでテンポ良く授業を進め、途中手書きでコメントを添える、重要な部分を丸で囲むなど、
授業に緩急を生み出すことで、生徒が飽きない楽しい授業になります。

3. 緊張感のある空間を作り出す

オンラインの最も苦手とするものの1つが複数人での会話です。これは、インターネットによる時間のラグや、阿吽(あうん)の呼吸(目線でのやりとりなど、無意識に会話のタイミングをつかむこと)ができないため、どうしても会話のテンポが悪くなってしまい、お互いにストレスが溜まってしまいます。

そのため、オンラインの集団授業では気づいたら先生だけが話をしている、一方通行な授業になりがちです。
すると、よほど講師が生徒の興味を惹きつける面白い話を続けられない限り、1時間の授業を集中して話を聞くことができません。

1時間面白い話を続ける方法以外に、こどもたちを授業に集中にさせるための方法は、
生徒に適度な「緊張」を与えることです。
緊張感のある空間をオンライン上に作り出せるかが、講師の腕の見せ所になるかと思います。

筆者が普段の授業で実践している緊張感のある空間を作り出すためのポイントを紹介します。

3-1. 質問の投げかけ

「緊張」を与えるための手段が、「質問の投げかけ」になります。

質問の内容は、演習問題の自分の解答を説明してもらったり、生徒と簡単な議論をしたり、なんでもいいと思いますが、
質問を投げかける頻度としては、1時間の授業で1人、多くても2人で十分だと思います。

生徒が「いつ自分が指名されるかわからない」という状況を作り出せれば良いので、
質問頻度は授業のテンポや進行とのバランスを図りましょう。

3-2. 生徒それぞれの理解度に合った質問を投げる

質問を与える時の内容が、その生徒の理解度に対して適当かよく考え、生徒を慎重に選びましょう。
当然、生徒の理解度を超える質問をしてはいけません。
答えられなかった生徒を傷つけてしまう可能性があります。
また、授業が停止してしまい、生徒の集中力が下がってしまいます。

3-3. 答えられなかった時の逃げ道を必ず用意する

もちろん、質問に対して生徒が間違えた解答をしたり、
そもそも質問の意図が伝わっていなかったりすることはしばしば起こります。
その時に、単に、「残念、違います。」などと言っては絶対にいけません。

生徒の解答に対して、間違えた原因を追求することが講師の仕事です。
質問を別の言葉で言い直したり、簡単な複数の質問をすることで段階的に答えに誘導したり、
表現を工夫することで、生徒により答えやすい道を示してあげることが大切です。

そして、質問の最後には必ず「〇〇さんありがとう」と感謝の言葉を伝えてください。

なにより重要なことは、再び質問を投げた時に、生徒が快く答えてくれるように、
生徒と良い関係を築いていくことです。

まとめ

今回は、「こどもたちを夢中にさせるオンライン授業のコツ」について、詳しく解説しました。

GIGAスクール構想をはじめとしたICT教育化が進められていたなか、
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、その取り組みが加速され、
教育環境が過去に類をみないほど、大きく変わろうとしています。
特に授業のオンライン化では、オンラインによるメリットを最大限活かしつつ、
デメリットを極力解消することで、より良い教育環境をこどもたちに提供しなければなりません。

本記事を一読していただき、オンライン授業を行う先生の授業づくり・教材研究の参考にしていただければ幸いです。

また、親御様には、オンラインの学習塾を選ぶ際の基準にしてみてはいかがでしょうか。
現在、オンライン授業を行う講師が急増していますが、お子様に最適な教育環境を与えるためには是非、
オンラインの特徴を理解し、プロ意識の高い講師が在籍する塾を選んで下さい。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > こどもたちを夢中にさせるオンライン授業のコツ